BusStop

目的
野々市市のコミュニティバス「のっティ」のバス停を用いて、子供の見守り災害対策など社会問題の解決をします。野々市市と協創することにより「気づき」「学び」「行動する」プロセスを経験、地域連携・産学連携による実践的な学習体験ができるプロフラムです。自然言語処理を用いたバス停と人との会話、顔認識を用いた子供や高齢者の見守り、災害時の情報発信や避難サポート、地域の情報を発信する広告システムの構築、地域にとけこみ、馴染みのあるバス停の作成をします。
これらの活動を通じて、地域の人が安心して暮らせるまちづくりをします。

現在取り組んでいること

  • コミュニティバス「のっティ」の乗換案内アプリの設計及び実装(Android)
  • コミュニティバス「のっティ」の 乗換のアルゴリズム開発
  • バス停本体の端末用アプリの設計(iOS)
  • バス停とバス間のLoRaの通信
  • Webページの構築

今後取り組んでいくこと

  • 顔認識,画像処理による最適な広告表示システムの設計及び実装
  • バス停間のLoRaネットワークの構築
  • バス停本体の設計

その他

  • KITオナーズプログラム
  • IoTサービス創出支援事業「総務省」
  • 他プロジェクト、部活等との兼部を歓迎