About

主な研究テーマ

自動車の自動運転や自動掃除ロボットのように、与えられた目的を、 人手を介することなく自ら五感を駆使し状況を把握し、目的実現のための手段を思考、 決定し自ら実行することにより目的を実現するシステムの研究。人の介在を許し、 人と協調して行動を決定することができるシステムを目指すことにより人にやさしいシステムの実現を可能とする。

研究業績

著書

論文誌/学会誌

1. 袖 美樹子, “情報工学教育のあるべき姿,” 日本工学教育協会 工学教育 Vol. 65,(2017) No. 3.
2. 袖 美樹子, 松本 恵子, “稲作管理システム −ICTで効率化,儲かるお米づくり−,” 情報処理 Vol.58, No.9 pp.24-pp. 27, Sep. 2017.
3. 袖 美樹子, 谷口 萌未, “高専・大学連携による産学官連携教育
-賢いバス停による市民サポートシステムの開発-,” 2017年度 創造技術教育 Vol.18, 2017.
4. 袖 美樹子, “IoTとしての稲作管理システム -儲かる稲作を目指して-,” 2017年度 創造技術教育 Vol.18, 2017.

国際学会発表

1. Masamichi Takakura, Takashi Furuta, Mikiko Sode Tanaka, “Urban Bus Network Design Using Genetic Algorithm and Map Information,” EASTS 2015 Conference, 2015/09/11-14.

2. Takashi Furuta, Masamichi Takakura, Mikiko Sode Tanaka, “Urban Bus Transportation System Design Based On Optimization Theory,” EASTS 2015 Conference, 2015/09/11-14.

3. Masamichi Takakura, Mikiko Sode Tanaka, “Bus Transportation System Design of Community Bus “Notty” Based on Optimization Theory,” SII 2015 Conference, 2015/12/11-13.

4. Takashi Furuta, Hideto Nakagawa, Taichi Kitamura, Yuta Kawakami, Kiyokazu Kurosawa, Kazuma Kogami, Mikiko Sode Tanaka, “Agricultural support system equipped with short-range wireless communication system,” IEEE TIAR 2016, 2016/07/15-16.

5. Yuta Kawakami, Takashi Furuta, Hideto Nakagawa, Taichi Kitamura, Kiyokazu Kurosawa, Kazuma Kogami, Naoto Tajino, Mikiko Sode Tanaka, “Rice Cultivation Support System Equipped with Water-level Sensor System,” IFAC 5th AGRICONTROL 2016, 2016/08/14-17.

6. Mikiko Sode Tanaka, Keiko Matsumoto, Takao Ito, “New ICT Education Collaborating with Regional Agricultural Corporation,” SEFI Annual Conference 2016, 2016/09/12-15.

7. Mikiko Sode Tanaka, Takao Ito, “A Project-Based ICT Education by Citizen Support System Development,” SEFI Annual Conference 2017, 2017/09/18-21

8. Taku Kuribayashi, Shoki Tomizawa, Ryourtarou Hirazakura, Yosuke Miyanishi, Masashi Saito, Mikiko Sode Tanaka, “Children’s Observation System using information terminal bus stop,” The Tenth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking(ICMU 2917), 2017, 2017/10/3-5,

9. Mikiko Sode Tanaka, Yosuke Miyanishi, Masaharu Toyota, Tomoki Murakami, Ryotaro Hirazakura, Takao Itou, “A study of bus location system using LoRa,” 2017 IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2017), 2017/10/24-27.

10. Tadaaki Hirata, Keitaro Terada, Masaharu Toyota, Yuya Takada , Keiko Matsumoto, Mikiko Sode Tanaka, “Proposal of a Power Saving Network
for Rice Fields Using LoRa,” 2017 IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2017), 2017/10/24-27.

11. Mikiko Sode Tanaka, Takahiro Katoh, Kazuo Ishida,
“Children’s Observation System with Wide Area Networks for IoT, ” The 16th IEEE International Symposium on Network Computing and Applications (NCA 2017), 2017/10/30-2017/11/1.

12. Mikiko Sode Tanaka, “Data gathering algorithm for children’s observation system,” IEEE Consumer Communications & Networking Conference(CCNC 2018), 2018/1/12-15.

13. Hiroki Nishino, Steve Szabo, Keisuke Inoue, Moemi Taniguchi, Mikiko Sode Tanaka, “The advertisement system for a smart bus stop,” IEICE ASN Indonesia-Japan Joint Workshop on Ambient Intelligence and Sensor Networks, 2017/11-12/29-01.

14.”Low Delay Data Gathering Method for Rice Cultivation Management System” International Conference on Information and Computer Technologies (ICICT 2018) March 23-25, 2018  Koichi Tanaka, Masakatsu Nishigaki, Mikiko Sode, Tadanori Mizuno

15.”Product, Process & System Building Skills Education by Constructing Citizen Support System” cdio Kanazawa 2018, June 28 to July 2, 2018. Mikiko Sode Tanaka, Takao Ito

16.Koichi Tanaka, Mikiko Sode, Masakatsu Nishigaki, Tadanoro Mizuno, “Time synchronization method for rice cultivation management system with IoT specialized outdoor communication procedure,” International Workshop on Informatics 2018, 2018/9/9-12.

17.Mikiko Sode Tanaka, Takao Ito, ” Evaluation Method of Student Achievement Levels
-Project-Based ICT Education through Citizen Support System Development-,” SEFI Annual Conference 2018, 2018/09/17-21.

国内学会発表

1. 袖 美樹子,元木 光雄,松本 恵子,谷田 育宏,舩山 俊克,伊藤 隆夫, “イノベーション力を引き出す授業への取り組み-プロジェクトデザインⅠで着実に成長するために,” 日本工学教育協会 工学教育研究講演会 第63回年次大会, 2015/09/02-4.

2. 袖 美樹子,足立 進,芦野 慎,伊藤 隆夫, “クリップモーターを用いた小学校高学年向け体験学習-電磁気学の扉を開く,” 日本工学教育協会 工学教育研究講演会 第63回年次大会, 2015/09/02-4.

3. 袖 美樹子, 西川 幸延, 田中 忠芳, 松本 恵子, “地域の農業法人との新しいICT教育コラボレーション,” 日本工学教育協会 工学教育研究講演会 第64回年次大会, 2016/09/05-7.

4. 田中 功一, 袖 美樹子, 西垣 正勝, 水野 忠則, “稲作管理システム向け無線ネットワーク用遅延最小ルーティング手法,”情報処理学会 DICOMO2017シンポジウム, pp. 550 – pp. 557, 2017/6/28-30.

5. 寺田恵太郎, 豊田真治, 平田忠明, 髙田裕也, 松本恵子, 袖美樹子, “LoRaを用いた圃場管理向け通信プロトコルの提案,”情報処理学会 DICOMO2017シンポジウム, pp. 1671-pp. 1678, 2017/6/28-30.

6. 袖 美樹子, 山田 圭二郎, 齋藤 正史, 川本 拓見, 伊藤 隆夫, “地域連携によるシステム開発手法教育 -賢いバス停による市民サポートシステムの検討-,” 日本工学教育協会 工学教育研究講演会 第65回年次大会, 2017/08/29-31.

7.袖 美樹子, ”高専に於けるプロジェクト型教育の一例-JA小松とのトマト生産管理の取り組み-、” 日本工学教育協会 第66回年次大会, 8月29日~31日.

8.論文誌/学会誌
袖 美樹子, 山田 圭二郎, 齋藤 正史, 川本 拓見, 伊藤 隆夫, ” 地域連携によるシステム開発手法教育,” 工学教育66-4 2018, pp. 21 -pp. 26.

講演

1. 高倉正道, 古田昂志, 袖美樹子, “コミュニティバス「のっティ」のバス停配置問題の解法,” 電子情報通信学会技術研究報告 ITS研究会, 2015/6/6.

2. 高倉正道, 古田昂志, 袖美樹子, “コミュニティバス「のっティ」のバス停配置問題の解法,” 電子情報通信学会 ITS研究会 ITSポスターセッション, 2015/6/6.

3. 袖美樹子, “特別イベント「教育力向上セッション」パネリスト,” 日本工学教育協会 工学教育研究講演会 第63回年次大会, 2015/09/03.

4. 中川秀門, 北村泰一, 古田昂志, 高倉正道, 袖美樹子, “低消費電力カメラを用いたフィールドサーバの構築,” 平成27年度電気関係学会北陸支部連合大会, 2015/9/12-13.

5. 北村泰一, 中川秀門, 古田昂志, 高倉正道, 松本恵子, 袖美樹子, “水田向けフィールドサーバーの開発 ー草刈り機による土壌センサーの切断事例ー,” 農業食料工学会関西支部 第134回例会, 2015/10/9-10.

6. 中川秀門, 北村泰一, 古田昂志, 松本恵子, 袖美樹子, “近距離無線通信カメラシステムを搭載したフィールドサーバの開発,” 電子情報通信学会技術研究報告 ASN研究会, 2015/11/05-6.

7. 高倉正道, 袖美樹子, “野々市市におけるコミュニティバスネットワーク設計問題の解法,” 電子情報通信学会技術研究報告 ITS研究会, 2015/12/17-18.

8. 袖美樹子, “自動運転の現況と将来の展望について,” 一般社団法人 石川県経営者協会 第13回経協サロン, 2016/1/28.

9. 黒澤清和, 古田昂志, 中川秀門, 北村泰一, 川上悠太, 小紙一馬, 袖美樹子, “近距離無線通信システムを搭載した水田用フィールドサーバの開発,” 電子情報通信学会技術研究報告 ASN研究会,2016/05/12-13.

10.川上悠太, 古田昂志, 中川秀門, 北村泰一, 黒澤清和, 小紙一馬, 田地野直人, 袖美樹子, “水位センサシステムを搭載した、稲作管理用フィールドサーバの開発,” 電子情報通信学会技術研究報告 NS研究会,2016/05/19-20.

11.油野凌真・小田翔一・北口知樹・竹田 翼・外松俊尚・吉川和樹・袖 美樹子, “コミュニティバス『のっティ』における情報端末バス停の提案” 電子情報通信学会 バイオメトリクス研究会,2016-06-20

12. 浅地真和、中川泰旺、中松大地、古市貴裕、雨宮良樹、林翔平、河上春樹、神田佳一郎、伊藤隆夫、相良純、谷田育宏、竹内諭、林学、坂本宗明、石田信昭、袖美樹子、松本恵子, ヤーコンの生育に与える施肥量の影響, 日本生物環境工学会2016, 2016/9/12-15.

13. 袖美樹子, [招待講演]IoT 技術で切り開く攻めの農業, 電子情報通信学会 通信方式研究会 第29 回情報伝送と信号処理ワークショップ 「スマートICT 社会の実現を目指して」, 2016/11/9-11.

14. 油野 凌真,小紙 一馬,宮西 洋輔,袖 美樹子,”コミュニティバス『のっティ』における情報端末バス停の試作実験結果報告 ~市民サポートステーション~,” 電子情報通信学会 画像工学研究会, 2016/12/8-9.

15.黒澤 清和,飯島 勇, 雨宮 良樹, 山道 舜也, 豊田 真治, 袖 美樹子,”稲作向け業務管理システムの開発,” 電子情報通信学会 通信方式研究会, 2016/12/8-9.

16. 袖 美樹子,”水田をモニタリングするセンサネットワーク”, 三菱電機(株), 情報技術総合研究所講演会,2016/12/16.

17. 川上悠太, 豊田真治, 寺田恵太郎, 袖美樹子,”SubGHz無線を用いた圃場間通信の提案,” 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会 奨励講演, 2016/12/21-22

18. 坂本宗明,伊藤隆夫,相良純一,谷田育弘,竹内諭,袖美樹子,浅地真和,松本恵子, “野々市産ヤーコンの地域特産化にむけて ~地域に寄り添う技術を開発する~” ヤーコンサミット、金沢工業大学、2017/2/20.

19. 豊田真治, 寺田恵太郎, 高田裕也, 平田忠明, 袖美樹子, “LoRaを用いた稲作管理用ネットワーク構築手法の検討,” 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 2017/4/20-21.

20. 袖 美樹子, 宮西洋輔, 村上友槻, 平櫻瞭太郎, 伊藤隆夫, “ LoRaを用いたバスロケーションシステムの検討 ~ コミニュティバスのっテイの情報端末バス停の検討 ~,“ 電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ研究会, 2017/8/28-29.

21. 福田圭佑, 平櫻瞭太郎, 寺田恵太郎, 伊藤隆夫, 袖美樹子, “LoRaを用いたバスロケーションシステムの開発,” IEEE Metro Area Workshop in Nagoya, 2017/10/7-8.

22. Mikiko Sode Tanaka, Takahiro Katoh, Kazuo Ishida, “Concept of Child-observation System with Enhanced Security,” IEICE SmartCom2017, 2017/10/23-24.

23. 豊島宣人, 富沢将揮, 井上康貴, 宮崎黎治, 齋藤正史, 袖美樹子, “バス停見守りシステムの実証実験結果,” 電子情報通信学会 HCGシンポジウム 2017/12/13−15.

24. 袖 美樹子, ”賢いバス停”, ワイヤレス・テクノロジー・パーク2018 (WTP2018), 2018/5/23.

25. 小島夢人,袖美樹子, “LoRaを用いた圃場管理フィールドサーバ向け電流測定器,” 2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 2018年9月11日~14日.

受賞

1. 総務省, 平成27年度『G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール』グランプリ, “賢いバス停,” バスストッププロジェクト, 高倉正道, 油野凌真

2. 電子情報通信学会 北陸支部, 2015年度優秀学生受賞, 高倉正道

3. 電子情報通信学会ネットワークシステム(NS)研究会, “水位管理機能を搭載した、稲作管理用システムの開発” 2016年度奨励講演依頼対象論文, 川上悠太

4. 総務省, 平成28年度『G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール』入賞, “危険を知らせるリストバンド~身につける交通事故対策~”,Smart Cityプロジェクト,吉川 和樹, 林 翔平, 斎藤 光洋, 小島 夢人, 霜鳥 尚幸,

5. 北国街道野々市の市実行委員会, 「感謝状」, Bus Stop Project, 2017/7/9

6. YRP研究開発推進協会 WSN協議会, WSN-IoT AWARD 2018 推 奨 事 例「賢いバス停」, バスストッププロジェクト, 2018/5/23.

その他

1. 高倉正道, 「物語の始まりへ」, K.I.T動画, http://kitnet.jp/monogatari/play/604_takakura.html, 2015/07/30.

2. バスストッププロジェクト, “「G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール」でバスストッププロジェクトが一次審査を通過し入賞,” K.I.Tニュース, http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2015/20151101_gkukan.html, 2015/11/01.

3. 高倉正道, “学部生で採択。情報工学科4年生の論文がIEEE(米国電気電子学会)の国際シンポジウムで採択。 野々市市のバス交通システムの利便性を向上させるアルゴリズムを提案,” K.I.Tニュース, http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2015/20151110_bus.html, 2015/11/10.

4. バスストッププロジェクト, “「G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール」でバスストッププロジェクトがグランプリを獲得,” K.I.Tニュース, http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2015/20151201_bus.html, 2015/12/01.

5. 高倉正道, 油野凌馬, “「まちづくりコンクール」で見事グランプリ! ~金沢工大バスストップ・プロジェクトの高倉さん・油野さん,” えふえぬ・エム・ワン キャンパス・アメニティ, http://fmn1.jp/program/campusamenity/entry/20160213124805.html, 2016/02/13.

6. 中川秀門, 「物語の始まりへ」, K.I.T動画, http://kitnet.jp/monogatari/play/631_nakagawa.html, 2016/02/11.

7. 古田昂志, 「物語の始まりへ」, K.I.T動画, http://kitnet.jp/monogatari/play/637_furuta.html, 2016/03/24.

8. Project One! ~農業イノベーション~, 水田の状況をICT技術でモニタリングする農業支援システムを開発。学生による課外活動プロジェクト「Project One! ~農業イノベーション~」の活動成果をまとめた論文がIEEEの国際カンファレンスで採択, KITニュース, http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2016/20160428_agriculture.html,2016/04/28.

9. Project One! ~農業イノベーション~, 課外活動プロジェクトの論文がIEEE国際会議で採択, 金沢工業大学, http://univ-journal.jp/6881/,2016/05/05

10. バスストッププロジェクト,「トライアルコンクールマッチングイベント」http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2016/pre160518.html 総務省,2016/05/18.

11. Project One! ~農業イノベーション~, 農業プロジェクトの活動が新聞に掲載, 北陸中日新聞, 2016/05/19

12. バスストッププロジェクト, 見守るバス停優しい発想力,北陸中日新聞, 2016/05/31,

13. バスストッププロジェクト, 見守るバス停 優しい発想力 道案内、避難指示も,http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=370031&comment_sub_id=0&category_id=268&from=local&category_list=268,中日新聞+プラス,2016/05/31.

14. バスストッププロジェクト, 「G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクールマッチングイベント」でバスストッププロジェクトが成果を発表, K.I.T.金沢工業大学 ニュース, 2016/06/29.

15. Project One! ~農業イノベーション~, 水位センサーによる省力化(^o^), ばんばむつおの農業歳時記, 2016/07/01.

16. 川上悠太, 情報工学科4年生の論文がIFAC(国際自動制御連盟)の国際カンファレンスで採択。水田の水位を管理、農業従事者の負担を低減させる手法を提案, K.I.T.金沢工業大学 ニュース, 2016/07/08.

17. 川上悠太, 水位管理の論文 米で発表, 北國新聞, 2016/07/09.

18. 油野凌真, 金沢工業大学、学生らがICTと地理空間情報を活用したバス停提案, 大学ジャーナル ONLINE, 2016/07/09.

19. 川上悠太, 水田の水位管理をシステム化, フジサンケイビジネスアイ, 2016/07/25.

20. 袖美樹子, 日本生物環境工学会2016年金沢大会 オーガナイズドセッションOS3 テーマ:ICT技術の施設園芸現場への活用と課題 オーガナイザー, 2016/09/12-15.

21. Mikiko Sode Tanaka, International Scientific Reviewer, E&PDE conference, 2016/09/8-9.

22. 川上悠太,「物語の始まりへ」第665回,http://www.ishikawa-tv.com/program/monogatari/,石川テレビ,2016/10/6.

23. 吉川 和樹, 林 翔平, 斎藤 光洋, 小島 夢人, 霜鳥 尚幸,G空間×ICT北陸まちづくりコンクールでSmart Cityプロジェクトの「危険を知らせるリストバンド~身につける交通事故対策~」が1次審査を通過 入賞, 総務省北陸総合通信局, http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2016/pre161018-1.html, 2016/10/18.

24. 黒澤 清和, “Project One,” 月刊北陸 アクタス, 2016/12/20.

25. 金沢工業大学 Smart City プロジェクト,”危険を知らせるリストバンド~身につける交通事故対策~”,トライアルコンクールの優秀提案校インタビュー記事, 総務省北陸総合通信局, http://www.soumu.go.jp/main_content/000465355.pdf,4ページ目,2016/12.

26. バスストッププロジェクト,「IoTサービス創出支援事業」の委託先候補を決定~ 野々市市で「賢いバス停」による見守りサービスの事業 ~. 北陸総合通信局,http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2017/pre170228.html,2017/2/28.

27. バスストッププロジェクト, 総務省 身近なIoTプロジェクト 第3回会合,  http://www.midika-iot.jp/midika-iot-3, 2017/3/24.

28.Project One 事業名 石川型水位計測システムの開発, いしかわ農林水産業基幹技術開発トライアル事業 採択  2017/5/9

29. SmartCity, E-Messe Kanazawa 2017でのポスター展示, 2017/5/18-20.

30. Project One, 安価な水田水位計測機など農林水産業の技術開発を支援 日刊 建設工業新聞, 2017/5/10.

31. Project One, トライアル事業 県が研究費助成, 北国新聞, 2017/5/10.

32.SmartCity, 第2回トライアルコンクールマッチングイベントを開催 地域の課題解決を学生のアイデアで ~ ICTを利用した5つの提案を自治体・企業に披露 ~, http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2017/pre170509.html, 2017/6/9

33. バスストッププロジェクト, バス停カメラ子供見守り, 日本経済新聞, 2017/6/16.

34. バスストッププロジェクト,  NHK金沢 「かがのとイブニング」で金沢工業大学バスストッププロジェクトによる「『賢いバス停』」による見守りサービス」等が紹介される, 2017/6/12.

35. バスストッププロジェクト, 北國街道野々市の市で「賢いバス停」を展示,2017/7/9.

36.バスストッププロジェクト, バス停カメラで見守り,北國新聞, 2017/7/14.

37. Mikiko Sode Tanaka, International Scientific Reviewer, E&PDE conference, 2017/09/7-8.

38.スマートシティプロジェクト, 総務省 北陸 インタビュー記事, http://www.soumu.go.jp/main_content/000465355.pdf, 2017年2月

39. Mikiko Sode Tanaka, 平成29年度 北陸地区学生による研究発表会 実行委員

40.バスストッププロジェクト, バス停で児童見守り10月28日に実証実験,北國新聞, 2017/8/25.

41.石田 和生,  加藤 孝浩, 袖 美樹子, ”身近なIoTプロジェクト(IoTサービス創出支援事業)中間成果報告会” CREATE JAPAN 2017, 2017/10/4.

42. 平櫻瞭太郎, 豊島宣人, FM-N1 ホームタウン野々市(昼)2017/10/09.

43. バスストッププロジェクト、「IoT」親子で体験 野々市 金沢工大生とバス停探索, 北陸中日新聞, 2017/10/29.

44.バスストッププロジェクト, 児童見守り、バス停活用 金沢工大など野々市で実証実験, 北国新聞, 2017/10/29.

47.平櫻瞭太郎, 豊島宣人, 井上康貴, FM-N1 キャンパス・アメニティ 2017/11/18.

48.平櫻瞭太郎, 豊島宣人, FM-N1 ホームタウン野々市(夕)2017/11/23.

49.バスストッププロジェクト, COCフォーラム 2018/3/7.

51.Project One、COCフォーラム 2018/3/7.

52.”野々市市と金沢工業大学が産官学で取り組む「賢いバス停」の取組成果。Googleマップ(TM)の経路探索で野々市市のコミュニティバス「のっティ」を利用した経路表示が2018年1月より可能に “ KITニュース 2018/3/1.

53.バスストッププロジェクト, 産学官で便利な街に「賢いバス」実用化,北陸朝日放送「HABスーパーJチャンネル」, 2018/3/7.

54.Mikiko Sode Tanaka, International Scientific Reviewer, E&PDE conference, 2018.

55.袖 美樹子, 情報処理学会 会誌編集委員, 2018

56.バスストッププロジェクト、最終成果報告, スマートIoT推進フォーラム 研究開発・社会実証プロジェクト部会 身近なIoTプロジェクト, 第7回会合, 2018/4/18.

57.Project One, 第3回G空間×ICT北陸まちづくり トライアルコンクールマッチングイベント, http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2018/pre180507.html 2018/5/7

58.スマートシティ、工大生野々市愛 クイズで試して”9月、北国街道の市へ企画”,    北國新聞, 2018/5/8.

59.バスストッププロジェクト、 「バスどこシステム」の実証実験。野々市市のコミュニティバス「のっティ」の現在位置を表示する情報端末バス停のプロトタイプを市役所ロビーに設置し、市民にアンケートを実施,  KITニュース 2018/5/14.

60.バスストッププロジェクト, 位置把握システム 金沢工大生開発, 北陸中日新聞, 2018/5/17.

61.バスストッププロジェクト, バス今どこシステム開発野々市で実証実験, 北國新聞, 2018/5/17.

62,バスストッププロジェクト, 袖美樹子准教授にWSN-IoT AWARD 2018 奨励賞, https://www.ict-kanazawa.ac.jp/2018/05/24/2555/, 2018/5/24.

63.バスストッププロジェクト, 賢いバス停【金沢工業大学】, http://www.yrp.co.jp/yrprdc/wsn/event/20180523/AWARD2018-r.html, 2018/5/23.

64.バスストッププロジェクト, 「賢いバス停」に奨励賞YRPアワードで受賞, 建設工業新聞,  2018/5/25.

65.バスストッププロジェクト, 工大生開発バス停システムIOT活用の奨励賞, 北陸中日新聞, 2018/5/26.

66.バスストッププロジェクト, ICT活用したまちづくり案発表, 建設工業新聞,北國新聞・富山新聞, 2018/6/9.

67.バスストッププロジェクト, コミュニティバスのっティの現在位置がリアルタイムでわかる, http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2018/0726_nonoichi.html

2018/7/26.